弁護士に相談する

交通事故の加害者は保険に加入しているのが普通であり、そのため保険会社の代理人が代わりに示談交渉をすることになります。そのため、被害者の方はプロの人間と交渉をすることになります。保険会社としては早急に示談成立をしたいと考えています。

過去の基準を当てはめて賠償金額や慰謝料を提示してくるでしょう。相手がプロのため、どうしても被害者の方が気後れしてしまうケースは少なくありません。そのため、被害者の方で弁護士を雇うというケースが多いのです。

交通事故では被害者の人権が軽視されやすいです。相手が素人なのを良いことに保険会社の代理人は示談交渉を成立させようと強気な態度に出ることが多いです。素人では相手の提示してきた条件が果たして妥当なものかどうか判断に困ることが多いでしょう。そこで法律のプロである弁護士の出番となるのです。

実は弁護士の仕事というのは裁判に関するものよりも示談交渉に関するものの方が多いのです。交通事故の示談交渉の経験のある弁護士に相談をすれば、すぐに示談交渉の代理を担当してくれるでしょう。これによって加害者と対等な立場になることができます。できるだけ被害者に有利な条件で示談交渉が進められるように弁護士は努力してくれます。

示談交渉の流れ

それでは交通事故が起きて示談交渉をするまでの流れについて説明しましょう。もし事故が軽くて大きな怪我もしていない場合にはすぐに示談交渉を開始することになります。ただし、死亡事故の場合はかなりの期間を経てから示談交渉となるでしょう

もし交通事故で被害を受けたならば、まずするべきことは加害者の身元を確認しておくことです。さらに警察に連絡をすることも必要となります。そこで実況見分調書を作成してもらえるのです。加害者の連絡先は警察が教えてくれるとは限らないため、自分でしっかりと確認しておきましょう。示談というのは警察が関わるものではなくて、当事者同士で行うものなのです。そのためお互いに連絡先を交換したり、名刺の交換をしておきましょう。

示談交渉の際には加害者の方は保険会社の代理人を利用することがほとんどです。そのため代理人と交渉を進めることになるでしょう。もし怪我をしてしまったならば、その治療を受けたり、怪我の状態を医師にしっかりと確認してもらいましょう。たとえば後遺障害の認定を受けてから示談をするというケースもあるのです。

示談というのは事故が起きた直後からスタートしているといえるでしょう。適切な行動を取ることが大切です。(関連リンク⇒交通事故示談流れ:アディーレ

そもそも示談とは

そもそも示談とは一体何のことなのでしょうか。示談というのは私法上の紛争が起きたときに裁判によって解決するのではなくて、当事者による合意によって解決をするという方法です

たとえば強制わいせつ事件や交通事故、離婚などに当てはまります。これらのケースでは示談で解決するということが多いのです。慰謝料の金額を決めたり、その他の条件を決めることによって、お互いがそれに合意したならば、示談による解決が成立するのです。

刑事事件についても示談というのは存在します。親告罪においては起訴されるまでに告訴を取り下げてもらうことが可能となります。被害回復を実現できたり、被害者の許しを得られるというケースでも示談が成立することがあります。不起訴になったならば前科はつかないのです。不起訴処分が見込まれるならば、逮捕されたり勾留されることもなくなるでしょう。そのためすぐに釈放されることもあります。

このように示談というのは加害者側にメリットがあるようですが、被害者にとってもメリットはあります。すぐに解決することができるため、面倒な手続きを取る必要がなくなるでしょう。交通事故の被害のような場合には、満足できるお金をもらうことができればそれで良いという方は多いでしょう。示談はとても重要です。

交通事故と示談

日本では交通事故の件数は昔よりも減っているのですが、それでも毎日のように全国各地で事故は起きています。どれだけ気をつけていたとしても交通事故が起きてしまう可能性は存在しているのです。交通事故については自分が加害者となってしまう場合もあれば、被害者となってしまう場合もあります。

車を運転していないから交通事故と無縁だというわけではありません。歩行者や自転車が加害者となるようなケースもあるのです。あらゆるケースが存在しているため、用心しておくに越したことはないでしょう。

万が一、交通事故の被害を受けてしまった場合は適切な行動を取らなければいけません。自分にまったく非がないのであれば、相手にきちんと責任を取ってもらうべきでしょう。交通事故によって、自分が怪我をしてしまったり、自分のものを壊されてしまうというケースがあるのです。この場合はその被害に対して損害賠償を請求するというケースもあるでしょう。弁護士を雇って示談交渉をするということもあるでしょう。

しかし、普通に生きていると示談交渉をする場面というのはなかなか訪れるものではありません。話には聞いていたとしても、いざ自分が当事者になってしまうと狼狽してしまう方も多いのです。そこでこちらでは万が一交通事故の被害に遭った場合に備えて、示談をするためにどのような準備をすれば良いのかを説明しましょう。もしものときのために備えられるようになるのです。ぜひとも参考にしてください。