示談交渉の流れ

それでは交通事故が起きて示談交渉をするまでの流れについて説明しましょう。もし事故が軽くて大きな怪我もしていない場合にはすぐに示談交渉を開始することになります。ただし、死亡事故の場合はかなりの期間を経てから示談交渉となるでしょう

もし交通事故で被害を受けたならば、まずするべきことは加害者の身元を確認しておくことです。さらに警察に連絡をすることも必要となります。そこで実況見分調書を作成してもらえるのです。加害者の連絡先は警察が教えてくれるとは限らないため、自分でしっかりと確認しておきましょう。示談というのは警察が関わるものではなくて、当事者同士で行うものなのです。そのためお互いに連絡先を交換したり、名刺の交換をしておきましょう。

示談交渉の際には加害者の方は保険会社の代理人を利用することがほとんどです。そのため代理人と交渉を進めることになるでしょう。もし怪我をしてしまったならば、その治療を受けたり、怪我の状態を医師にしっかりと確認してもらいましょう。たとえば後遺障害の認定を受けてから示談をするというケースもあるのです。

示談というのは事故が起きた直後からスタートしているといえるでしょう。適切な行動を取ることが大切です。(関連リンク⇒交通事故示談流れ:アディーレ