弁護士に相談する

交通事故の加害者は保険に加入しているのが普通であり、そのため保険会社の代理人が代わりに示談交渉をすることになります。そのため、被害者の方はプロの人間と交渉をすることになります。保険会社としては早急に示談成立をしたいと考えています。

過去の基準を当てはめて賠償金額や慰謝料を提示してくるでしょう。相手がプロのため、どうしても被害者の方が気後れしてしまうケースは少なくありません。そのため、被害者の方で弁護士を雇うというケースが多いのです。

交通事故では被害者の人権が軽視されやすいです。相手が素人なのを良いことに保険会社の代理人は示談交渉を成立させようと強気な態度に出ることが多いです。素人では相手の提示してきた条件が果たして妥当なものかどうか判断に困ることが多いでしょう。そこで法律のプロである弁護士の出番となるのです。

実は弁護士の仕事というのは裁判に関するものよりも示談交渉に関するものの方が多いのです。交通事故の示談交渉の経験のある弁護士に相談をすれば、すぐに示談交渉の代理を担当してくれるでしょう。これによって加害者と対等な立場になることができます。できるだけ被害者に有利な条件で示談交渉が進められるように弁護士は努力してくれます。